Linux のメモ書き。

LinuxのSoftwareRAIDの再構築手順 取り外す対象がすべてfaildになってない(パーティション単位のRAIDのため)場合は以下のように手動で退縮させます。 mdadm -f /dev/md0 /dev/sdb1 取り外し側のHDDがすべてfaildになったらRAID Arrayから切り離します。 mdadm -d /dev/md0 /dev/sdb1 SATAでホットスワップで交換するのでLinuxから切り離します。 まずは対象探し。 ls -ld /sys/class/scsi_device/*/device/block:* lrwxrwxrwx 1 root root 0 Jan 23 13:54 /sys/class/scsi_device/0:0:0:0/device/block:sda -> ../../../../../../block/sda lrwxrwxrwx 1 root root 0 Jan 23 13:54 /sys/class/scsi_device/0:0:0:1/device/block:sdb -> ../../../../../../block/sdb sdbを外したい場合は以下の用な感じ。 echo 1 > /sys/class/scsi_device/0\:0\:0\:1/device/delete cat /proc/partitions を見るとちゃんと消えてます。 あとはホットスワップで交換。 続きはまた今度メモします。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">