Chinachu (インストール編)

テレビの録画をWindowsマシンからLinuxマシンに置き換えてみました。 今まではWindowsXP+TVRock+TestTVという組み合わせでした。 しかし、LinuxのファイルサーバがうごいているのにWindowsマシンも付けっぱなしにするのはもったいない。 また、Chinachuを開発しているれいさ(@kanreisa)が知り合いというのもあり導入してみました。 Chinachuについては公式サイトみるとわかりやすいです。 ※ このインストールはPT3などの録画コマンドを事前にインストール済みであることを前提に書いてます。 node.jsを使って作られており別途ウェブサーバも必要なくインストールもスクリプトが用意されているので 1発でインストールできます。 今回のインストール構成 OS:CentOS6.3 x86_64 CPU:AMD Phenom(tm) 9350e Quad-Core Processor Mem:4GB HDD:3TB×4(RAID5)  

Chinachuのインストール

Chinachu用にユーザを作成しchinachuにsuします。
# useradd chinachu
$ su - chinachu
githubからソースコードをダウンロードします。
$ git clone https://github.com/kanreisa/Chinachu.git
ディレクトリを移動します。
$ cd Chinachu
インストールスクリプトを実行しますが・・・
$ ./chinachu installer
インストールに失敗してしまいます。WebUIで使われるツールのコンパイルに必要なライブラリが入って無いようでした。 CentOS6で必要なパッケージをrootでざっくりインストールします。
# yum install -y make gcc yasm-devel autoconf automake libtool
再度インストールを試します。インストーラーを実行するとインストールメニューが表示されます。ここではAutoでインストールします。
$ ./chinachu installer
Chinachu Installer Menu:
[!] These are installed under all /home/chinachu/Chinachu/...
[!] Recommend the Auto installation.
1) Auto                   5) libx264               9) libvorbis
2) epgdump                6) libvpx               10) libav
3) Node.js Environment    7) libfdk-aac
4) Node.js Modules        8) libogg
what do you install?  1
~インストールログは長いので省略~
無事インストールがおわりましたが・・・このままではOS起動時にChinachuが自動起動しないので起動スクリプトを 準備します。
$ ./chinachu service operator initscript > /tmp/chinachu-operator
$ ./chinachu service wui initscript > /tmp/chinachu-wui
いったんtmp以下に起動スクリプトを置いたのでこれをrootになり/etc/init.d以下に配置します。また、所有権・実行権の設定をします。
# mv /tmp/chinachu-operator /tmp/chinachu-wui /etc/init.d/
# chown root:root /etc/init.d/chinachu-operator /etc/init.d/chinachu-wui
# chmod +x /etc/init.d/chinachu-operator /etc/init.d/chinachu-wui
続いて起動スクリプトとして登録し自動起動を有効にします。
# chkconfig --add chinachu-operator
# chkconfig --add chinachu-wui
# chkconfig chinachu-operator on
# chkconfig chinachu-wui on
さっそく起動してみます。
# service chinachu-operator start
# service chinachu-wui start
http://<サーバIPアドレス>:10772/ でアクセスするとWebUIが確認できるはずです。 設定はまた次回書こうかなと思います。
  1. 😛 次回、期待します。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">